僕「」です

なすのひとりごと パート2

      「なすの親離れ」

ようやく僕たちもなす本来の姿に生育してきた。
そして僕たちも、親離れの時期を迎えた。
(1本の元木から4本の枝を仕立てて行く作業が始まる)

天井から白いテープが見事に吊り下げられ、それぞれのテープに支えられて、僕たち4人の兄弟が独立してゆく。(写真はこちら)
背丈が伸びるたびに、オバサンたちは僕らをやさしく、テープに巻き付け、一人前になるまで愛情を注いでくれる。
その間オジサンたちは容赦なく、無駄な枝を切りとばし、又水の補給も程々に、たくましく生きてゆくための試練の時期を与えてくれる。
でも、根元には根の働きを寒さから守るため、又水分の無駄な蒸発を防ぐため、マルチが架けられている(写真はこちら)

やはりオバサンもオジサンも心の暖かいひとたちなんだなー......
ありがとう。僕たちも頑張るぞ!!!!!

                            JA稲敷・西部経済センター内
                       エッグプラント ・サークル

part1 part3 part4


ホーム| かわちとあずまメンバー紹介ハウスの助っ人たちなすの生い立ち